エラーが発生しました。 詳細 隠す
保存されていないページがあります。 復元 取り消す

朝鮮民主主義人民共和国 - 電気と熱の生産からのCO2排出量、合計(総燃料燃焼の%)

16.2 (%) 、年度: 2014

電気および熱の生産によるCO2排出は、CO2排出に関する次の3つのIEAカテゴリの合計です。(1)主な活動生産者の発電、熱電併給発電および熱プラントによる排出の合計が含まれる、主な活動生産者の電気および熱です。主な活動生産者(以前は公益事業として知られる)は、主な活動が公共に提供することである事業を行う生産者として定義されています。これらは、公的または私的に所有されている可能性があります。これは、IPCCのソース/シンクカテゴリ1A1aに相当します。燃料の燃焼(要約)ファイルによるCO2排出については、発電所の燃料の独自のオンサイト利用による排出(EPOWERPLT)も含まれています。(2)電気および/または熱の生成による排出を含む、未割り当ての自動車メーカーです。自動車メーカーは、自社の主な活動をサポートする活動として、完全にまたは部分的に、自社のために電気および/または熱を発生させる事業を行うものとして定義されています。1996年IPCCガイドラインでは、これらの排出量は通常、産業、運輸、 「その他」の部門間で分配されることになっています。(3)その他のエネルギー産業は、固体燃料の製造、石炭鉱業、石油およびガス抽出、およびその他のエネルギー生産産業を対象とした、石油精製所での燃焼燃料による排出を含みます。これは、IPCCのソース/シンクカテゴリ1A1bおよび1A1cに対応しています。1996年IPCCガイドラインによると、高炉へのコー​​クス投入による排出は、ここか、または工業プロセスのソース/シンクカテゴリでカウントすることができます。詳細な分野別の計算では、特定の非エネルギープロセスは区別することができます。コー​​クスの燃焼を通じた、高炉での鉄の還元において、コー​​クス酸化の主な目的は、銑鉄を製造することであり、排出は工業プロセスと考えることができます。エネルギーおよび工業プロセスの両方で、これらの排出を二重にカウントしないように注意しなければなりません。IEA推計では、これらの排出は、このカテゴリに含まれています。

日付 変更, %
2014 16.2 -0.12%
2013 16.2 2.29%
2012 15.9 -2.20%
2011 16.2 2.39%
2010 15.9 -0.56%
2009 15.9 -1.77%
2008 16.2 -0.52%
2007 16.3 2.07%
2006 16.0 -1.65%
2005 16.2 -1.48%
2004 16.5 -0.15%
2003 16.5

当社の個人情報保護方針&クッキーポリシー

当社のウェブサイトではクッキーを使用し、ユーザー様のオンライン体験を向上させております。このウェブサイトを立ち上げたときに、クッキーはお使いのコンピュータ上に配置されます。インターネットブラウザの設定を通して、個人的なクッキーの設定を変更できます。

個人情報保護方針