エラーが発生しました。 詳細 隠す
保存されていないページがあります。 復元 取り消す

The WHO/UNICEF Joint Monitoring Programme (JMP) for Water Supply and Sanitation is the official United Nations mechanism tasked with monitoring progress towards the Millennium Development Goal (MDG) relating to drinking-water and sanitation.

The JMP has established a standard set of drinking-water and sanitation categories that are used for monitoring purposes. An "improved" drinking-water source is one that, by the nature of its construction and when properly used, adequately protects the source from outside contamination, particularly faecal matter. An "improved" sanitation facility is one that hygienically separates human excreta from human contact. The definitions used by the JMP are often different from those used by national governments. Estimates in JMP reports may therefore differ from national estimates.

Source: WHO/UNICEF Water Supply Statistics, 2015 

最終更新: 

関連ダッシュボード

このページを削除してもよろしいですか? 

このドキュメントを削除してもよろしいですか? 

次の場所に参照しているショートカットがあるため、ページを削除できません:

    最初にこれらのショートカットを削除してから、ページ自体を削除してください。

    当社の個人情報保護方針&クッキーポリシー

    当社のウェブサイトではクッキーを使用し、ユーザー様のオンライン体験を向上させております。このウェブサイトを立ち上げたときに、クッキーはお使いのコンピュータ上に配置されます。インターネットブラウザの設定を通して、個人的なクッキーの設定を変更できます。

    個人情報保護方針