エラーが発生しました。 詳細 隠す
保存されていないページがあります。 復元 取り消す

Event date: April 19 - 21

Three weeks after the Nuclear Security Summit, the action will shift to New York, where the United Nations will hold its first special session on the global drug problem since 1998. Eighteen years ago, the slogan was “A Drug-Free World: We Can Do It.” Its focus was on prohibition, eradication, interdiction, prosecution, and incarceration. This year's summit will be different: frustrated by the futile “war on drugs” and its attendant criminal violence, a number of national governments (particularly in Latin America and Europe) are experimenting with decriminalization and harm-reduction strategies. In the United States, Colorado, Washington, and a dozen other states are similarly turning to public-health approaches. Canada's new Liberal government, meanwhile, is considering legalizing marijuana. The summit will test whether the reformist constituency within the United Nations extends beyond the Western Hemisphere and Europe.

The Nuclear Security Summit | UN General Assembly Special Session on the World Drug Problem | World Humanitarian Summit | Group of Seven Summit | Group of Twenty Summit | Habitat III | Conference of Parties to the UN Framework Convention on Climate Change

最終更新: 

このページを削除してもよろしいですか? 

このドキュメントを削除してもよろしいですか? 

次の場所に参照しているショートカットがあるため、ページを削除できません:

    最初にこれらのショートカットを削除してから、ページ自体を削除してください。

    当社の個人情報保護方針&クッキーポリシー

    当社のウェブサイトではクッキーを使用し、ユーザー様のオンライン体験を向上させております。このウェブサイトを立ち上げたときに、クッキーはお使いのコンピュータ上に配置されます。インターネットブラウザの設定を通して、個人的なクッキーの設定を変更できます。

    個人情報保護方針