エラーが発生しました。 詳細 隠す
保存されていないページがあります。 復元 取り消す

Every additional 10 million dollars (PPP) spent on research and development result in 2 patent applications per annum in average. The implication is based on the statistics on gross domestic R&D expenditures and number of patent applications to the EPO (European Patent Office) among European countries. Strong positive correlation between these two indicators shows that the more you spend on research and development the more considerable result you get. Thus, Germany, France, UK and Italy are leading countries both by R&D spending and number of patent applications. Moreover, it is significant both current R&D expenditures and expenditures incurred in the past providing evidence that R&D expenditures have lagged effect. Although patent applications statistics cannot be regarded as a perfect proxy of the country's knowledge power (as patent application itself may turn out to be unsuccessful) it, in some measure, is positively related with the wealth of a country.

Sources: UNESCO Institute for Statistics data, 2013Patent applications to the EPO by priority year and NUTS 3 regions, March 2013

最終更新: 

このページを削除してもよろしいですか? 

このドキュメントを削除してもよろしいですか? 

次の場所に参照しているショートカットがあるため、ページを削除できません:

    最初にこれらのショートカットを削除してから、ページ自体を削除してください。

    当社の個人情報保護方針&クッキーポリシー

    当社のウェブサイトではクッキーを使用し、ユーザー様のオンライン体験を向上させております。このウェブサイトを立ち上げたときに、クッキーはお使いのコンピュータ上に配置されます。インターネットブラウザの設定を通して、個人的なクッキーの設定を変更できます。

    個人情報保護方針