エラーが発生しました。 詳細 隠す
保存されていないページがあります。 復元 取り消す

India’s infrastructure sector, which comprises core eight industries, contracted 0.5 percent Y-o-Y in August 2019 compared to growth of 4.7 percent in August 2018. The contraction was mainly due to the decline in the five industries: Coal (8.6 percent), crude oil (5.4 percent), natural gas (3.9 percent), cement (4.9 percent), and electricity (2.9 percent). However, refinery products, fertiliser and steel production grew 2.6 percent, 2.9 percent and 5 percent respectively.

 

This was the first contraction since April 2015, reflecting weakness in the economy. However, government of India and RBI have taken some measures such as cut in corporate tax rate and policy rate to spur investments and revive the economy. These measures will help to revive these core sectors in the coming months.

最終更新: 

このページを削除してもよろしいですか? 

このドキュメントを削除してもよろしいですか? 

次の場所に参照しているショートカットがあるため、ページを削除できません:

    最初にこれらのショートカットを削除してから、ページ自体を削除してください。

    当社の個人情報保護方針&クッキーポリシー

    当社のウェブサイトではクッキーを使用し、ユーザー様のオンライン体験を向上させております。このウェブサイトを立ち上げたときに、クッキーはお使いのコンピュータ上に配置されます。インターネットブラウザの設定を通して、個人的なクッキーの設定を変更できます。

    個人情報保護方針