エラーが発生しました。 詳細 隠す
保存されていないページがあります。 復元 取り消す

It is considered that Greenhouse Gases (GHG) emissions in the atmosphere venting from anthropogenic sources are in part responsible for the global warming, which is the part of global climate change. While the fact of global warming itself still remains under discussion, the anthropogenic influence on climate cannot be rejected at list due to the fact that average temperature on Earth has increased by 0.7 degrees Celsius since the start of the Industrial Revolution. In order to prevent dangerous anthropogenic interference with the global climate system, lying in the growth of concentration of Greenhouse Gases in the atmosphere, first of all it is necessary to have reliable estimates of emissions and removals of GHGs. This is exactly what United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) is aimed at compiling and publishing statistics on GHG emissions. Charts and graphs below demonstrate the countries' contribution to the global GHG emissions as well as provide background to analyze emissions by sources. Note: LULUCF refers to - Land Use, Land-Use Change and Forestry sector.

Sources: Greenhouse gas database, 2013 | Greenhouse Gas Inventory Data, May 2013

最終更新: 

このページを削除してもよろしいですか? 

このドキュメントを削除してもよろしいですか? 

次の場所に参照しているショートカットがあるため、ページを削除できません:

    最初にこれらのショートカットを削除してから、ページ自体を削除してください。

    当社の個人情報保護方針&クッキーポリシー

    当社のウェブサイトではクッキーを使用し、ユーザー様のオンライン体験を向上させております。このウェブサイトを立ち上げたときに、クッキーはお使いのコンピュータ上に配置されます。インターネットブラウザの設定を通して、個人的なクッキーの設定を変更できます。

    個人情報保護方針