エラーが発生しました。 詳細 隠す
保存されていないページがあります。 復元 取り消す

An economic concept known as Okun’s Law—which explains the relationship between rates of unemployment and GDP growth—has held true for all US economic downturns and recoveries since 1948. However, we discovered a major discrepancy for the recovery period after the Great Recession of 2008, where Okun’s Law failed to explain the drop in the US unemployment rate as reported by the US government. This means the US labor market might not be as strong as numbers suggest, and considering central banks use Okun’s Law to help set monetary policy, this discrepancy could have major consequences.

Download our latest US ECONOMY data brief

The US Economy Data Brief provides a comprehensive and interactive overview of leading US economic and financial indicators, including but not limited to GDP, inflation and prices, economic activity, financial accounts, debt figures, the labor market, and so much more.

最終更新: 

このページを削除してもよろしいですか? 

このドキュメントを削除してもよろしいですか? 

次の場所に参照しているショートカットがあるため、ページを削除できません:

    最初にこれらのショートカットを削除してから、ページ自体を削除してください。

    当社の個人情報保護方針&クッキーポリシー

    当社のウェブサイトではクッキーを使用し、ユーザー様のオンライン体験を向上させております。このウェブサイトを立ち上げたときに、クッキーはお使いのコンピュータ上に配置されます。インターネットブラウザの設定を通して、個人的なクッキーの設定を変更できます。

    個人情報保護方針